コンピの波に乗りそして網を張れ
日刊コンピの出現状況や過去類似レースを参考にして馬券購入の網を張る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の韓国統治の真実とは?韓国の98歳老婆の話
1地方都市(と言っても大都市横浜です)の話題ですが、
「ちょっといい傾向だなあ」と思った記事がありました。
<横浜市教委>8行政区が自由社の歴史教科書採択
---- ここから ----
 横浜市教育委員会は4日、10~11年度に市立中学で2年間使う歴史教科書に、「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)が主導し自由社(東京都文京区)が発行する教科書を8行政区で採択した。「つくる会」の分裂に伴い、扶桑社版とは別に執筆された自由社の教科書は08年度検定に合格したばかり。文部科学省は「(採択例を)把握していない」、同社は「全国初」としている。

 同市の教科書採択は、校長や学識者で組織する市教科書取扱審議会が候補を答申、市教委が市内18行政区ごとに決める。この日の市教委には今田忠彦委員長ら6人の教育委員全員が出席。18区ごとに無記名投票し、港南や青葉など8区で自由社が選ばれた。18区全体で市立中学は145校、1学年約2万5000人の生徒がいる。

 投票に先立つ審議で、今田委員長は「日本人に生まれたことを悲しませるような教科書は絶対、駄目だと思う。自由社の教科書は非常に理解しやすく、先人がどういう意識で生きてきたのか深みをもって書いている。日露戦争も愛情をもって書いている」と意見を述べた。
---- ここまで ----
日教組による自虐史観の押し付け教育の中、
日本という国に対して誇りを持てない教育の中、
今回の横浜の教科書選択は、いい傾向だと思います。

大東亜戦争の「日本の侵略が悪かった」一辺倒の歴史教育。
「ほんとうはちがうんだ!」というところをちゃんと学校で
教えてほしいと思います。

そして「素晴らしき日本、誇り高き日本」ということを
成長過程の子供たちの心の中にしっかり刻み付けてほしいです。

で、思い出したのが、ちょくちょく紹介しておりますブログ
中韓を知りすぎた男」のある日のエントリーのコメント欄です。

ここのブログは記事の素晴らしさは、もちろんですが、
投稿される論客の方たちのコメントも凄いものがあります。
私も随分と日本人の凄さ・誇りの高さ・優秀さを
学ばせてもらいました。

これから紹介しますコメントは「中韓を知りすぎた男」の
ブログ主様が休養中の時のエントリーだったので記事は一行のみ。
それにも関らずコメント欄は数々の知識・知恵の
ラインナップでした。

少し長くなりますので、今、時間がない方は、いつか
時間がある時に再度じっくりと読んで見て下さい。

「最後までじっくり読んでみるぞ!」と思われた方
ランキング、ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いいたします。

人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
JRANKランキング

※衆議院議員総選挙までマスコミでは報道されないような
 正しい情報をひとりでも多くの人に広げたいので
 全コピペ・部分コピペ自由です。
 自分のメールやブログの記事にどんどん書いて
 情報を発信して下さい。

 よろしくお願いいたします。

それでは、どうぞ
ただいま休眠中」より切り取りコピペ。
---- ここから ----
ブログ続けてください
場違い者様
>「国家と個人は違う」と自分に都合よく解釈してやめれる勇気が
> ないのです

その考えは、間違っていないと思いますよ。
私は、幼い時から環境的に在日朝鮮人たちと深く係ってきました、
親しい友人もいますし、韓国人の友人もたくさんいます。

その中にはMBCやKBS、東亜日報、などのメディア関係の
幹部の人もいますし、地方都市や農家にも家族とお付き合い
させてもらっている友人もいます。

その方たちは、極普通の一般市民で私が日本人であることに
特別な感情を表に出すことはありません。

民族性、文化、習慣、考え方が日本と違うのは当然なので
それはお互い相手を良く知り理解することで無用な摩擦は
避けることが出来ます。
民度の低さには閉口しますがそれなりの対応をすればいいことです

個と個の場合はさほど問題ないのですが、
これが国や民族、歴史、文化などのようなナショナリズムを
伴うような問題になると、
反日教育に完全に毒され思考停止状態になっているおかげで、
年齢層が若いほど都市部ほど偏見と欺瞞に満ち満ちています。

4年ほど前に韓国人(釜山)の友人の98才になる祖母に
会う機会がありました、
もうすでに体力が弱っており寝たりおきたりの状態で、
目も不自由で殆ど見えないようでした。

友人と挨拶に行ったのですが、私が日本人であることを聞くと、
布団から起き上がって、殆ど目が見えないため私の顔を
手で隅々まで丁寧に触って確認しました。
 
そのときの98歳の痩せて小柄な老婆の手は、
黒く細くてしわだらけでしたが、
私の顔をなでるその手の感触はとても温かく慈愛に満ちて
心が癒される不思議な感覚でした。

その老婆は私の手を取って、涙を流しながら話しかけてきました。
私は老婆の言葉が殆ど聞き取れなかったので、
理解できませんでしたが、
友人が同時通訳してくれたので内容を要約します。

自分の孫に日本人の友人が出来てとてもうれしい、
自分は何十年も日本人と会っていない。
自分が若かった頃、日本が韓国を統治していた頃は、
人々は希望と活気に満ちて、町は明るく平穏で
自分の人生において一番良い時代だったと。

自分も当時ある日本人(東京の出身)とはとても仲良くしていて、
日本のことをいろいろ聞いたり教えてもらったりして
一度は自分の目で日本を見たかったそれが夢だったと。
その日本人にはとても親切にしてもらって感謝している。

それまで幼かった頃の朝鮮と比べたら信じられないほどの
変わりようだったと、それを日本人が私たちに、齎してくれた、
この平和な時代がいつまでも続くようにと当時の人たちは
祈っていたそうです。

それが今では、日本のことを少しでもよく言おうものなら、
それがたとえ真実であっても周りから非難され排除されるという、
なぜこんなおかしな事になってしまったのでしょうか、
私は今でも日本人には感謝の気持でいっぱいです、
非難などどうして出来ようか。

このように仰いました、
数十年ぶりに日本人と接して当時の記憶がよみがえって、
懐かしさのあまり涙を流したとのこと、
また、自分の孫が日本人と友達であることを
本当に喜んでくれました。
最後に日本語で「ありがとう」と言ってくれました。

この家族は日ごろお婆さんたちの話を聞いているので
反日ではありませんが、
韓国社会では少しでも親日的なことが判ると、
回りから非難され排除されてしまいますので、
普段は日本のことには極力触れないようにしているそうです。 

この家族の子供たちも学校で反日教育を受けて、
日本人がどんなに悪いかを叩き込まれていますが、
いまはあえてお婆さんたちの昔の真実は封印されているようです。
  
国民は民族主義に利用された被害者でもあり、
それを容認した加害者でもあるのでないでしょうか。

残念ながら2年後に100歳で天寿を全うされたとの
知らせを受けました、
歴史の生き証人のような老人たちがいなくなってしまい、
ますます韓国は反日へのブレーキが効かなくなってエスカレート
していきます。

世界で一番礼儀を重んじる国と誇りたいならば、
老人たちの真実に耳を傾け真摯に真実と向き合い受け入れる心を
もたなければ、
自分たちの将来までも破壊することに気がつくべきですね。

私の少ない体験ではすべてを語れないと充分承知ですが、
相手が韓国人やシナ人であれ人間としてお互いに個々の理解は
出来ると考えます。

このような私でも韓国は大嫌いですし韓国人の民度の低さは
辟易し軽蔑します、
それは韓国を知れば知るほど増していくと思いますが、
一方では個々に対しては正しい理解を深めることも
大切だと思います。

あえて日本人が「坊主憎くけりゃ袈裟まで憎い」になる必要はない
と思いますが、
知れば知るほど国として民族としては未来永劫相容れないのでは
ないかと思います。

偏った思想に毒されず、正しい事実、真実を知る努力を
怠らなければ正当な評価が出来ると思います。

2009/03/24(火) 11:18:23| URL| 大豪院邪鬼 #w0h2eDxY [編集]
--------------------------------------------------------------------
千年の野蛮社会の支配者=両班の弊害
>大豪院邪鬼さん
 釜山のお婆さんのお話、読ませていただきました。

実体験をお持ちの昔の方々の中には、日本人と泣き別れした
方々も多く居たと、呉善花さんも書いて居られますから、
内鮮一体を目指した戦前日本の統治方針は間違っていなかったと
思っています、

36年の統治の間、徐々に日本化が進んでいたのだと思います、
親日の台湾も、51年の統治のウチ30年は内戦が続いて、
双方に3万人の死者を出した結果ですから、後20年、否15年
続いていたら、変わっていたかも知れないですね。

ダッテ、朝鮮族が一番信用しないのは朝鮮族だし、
次ぎに生まれて来たくないトップも朝鮮族だと云います、
自己嫌悪が基底にあると言っても好いアイデンティティだから、
アイムザパニーズを国辱だと感じない感性なのでしょう。

唯、戦後、日本は米国の手前、捻れた対応を朝鮮や韓国に
してしまい、彼らの堕落した面を、
思う存分 発揮させる事になってしまった様に感じます、
それは「弱さ」が金になる事を教えてしまった事です。

相手によっては、被害者面や弱いモノのフリをしていれば、
金を持って謝罪に来ると言うことです。

戦争には負けた癖に、極東で米国に従い真似ばかりをして
一寸ばかり成功し、金持ちになったからと言って、さも、
成功者の様に、したり顔で謝罪する日本人が、
滑稽に見えたのかも知れません、
特に統治下で面従腹背を通して来た事大主義の両班層には、
その傾向が強かったでしょう。

戦後彼らが行ったのは、統治下での日本が遺した善行の払拭で
あったろうと思われます、
つまりは、日本は朝鮮民族に弾圧と搾取しか遺さなかった
と言う事にしなくてはならなかった、
すると、真正の歴史を改竄するしかない、
それは、真正の歴史が、自分達のプライドを著しく傷付けるモノで
あったから、尚更必須となったのだろう。

日本的なモノの否定と蔑視は、自国に文化も産業も無い現状では、
日本文化の輸入の禁止と言う形で顕れるしかなく、
亦、民衆が日本文化の何たるかを知らされない事を利用して、
日本のヒット商品を模倣すると言う愚かしい傾向が現れた、
是では、日本の後を追って世界で成功する事は永久にない、
何故なら、清の工業力とはオリジナルを生み出す力にあるが、
模倣だけに留まるのなら、真の力は育たないのは明白である。

時が経つに連れ、日本人は本当にあちこちで成功し始め、
世界的にも金持ちにもなった、
近年は、世界の栄誉を日本人が占め始めている観が有る、
このままなら10年もしないウチに戦争で負けた相手を
凌駕しそうな勢いだ、
韓国人はこれらの現象に、明らかに嫉妬している、
朝鮮族が望んでも得られない名誉や成功が、
雨霰と日本にばかり降り注ぐからだ。

この先も、過程を重視せず、栄誉や資産と言った結果のみに
捕らわれて、
真に有効な工業力や技術力に対する投資を怠っている事への
反省が観られる事はないだろう、
そういうモノを評価できる価値観が社会に存在して
来なかったからです。

これらの全ての原因は、差別収奪社会を是とし、
人の価値を決めるのに生まれや地域のみに拘泥して、
差別の存在を常識とし、それを苛烈な暴力で強制する両班層と
唯々諾々と随った常民以下の農奴曽で構成される朝鮮族社会を、
シナ王朝に臣従する余り、丸で支配者の責任を果たさなかった、
王氏高麗王室や李氏朝鮮王室に有ると云えましょう。

2009/03/24(火) 17:25:55| URL| ナポレオン・ソロ #90LdKUd6 [編集]
--------------------------------------------------------------------
>大豪院邪鬼様

いつも勉強させていただいております。
御友人の釜山のおばあ様のこと、朝鮮統治時代の真実の姿を
知る上で非常に貴重なご自分の体験をお話下さいまして
感謝に耐えません。

日本が欧米諸国の植民地政策とは正反対の、内地と同等、
いやそれ以上の生活水準を朝鮮に施策していたことが事実だとは
わかっていても、当時の朝鮮の庶民がそれを実際どのように
感じて生活していたのか、

それをここで聞く事ができたのとそうでないのとでは、
自分を納得させることに天と地ほどのひらきがあると感じました。

2009/03/25(水) 01:39:04| URL| netto obasan #- [編集]
--------------------------------------------------------------------
>大豪院邪鬼様
昨日の韓国のおばあさんの話があまりにも良かったから
自分のブログに貼らせてもらいました。
ありがとうございます。

まだブログを始めて始めて1ヶ月半しか経ちませんが、
最近は自分で書くより素晴らしい他人の話などをコピペしまくる
というセコイ手法を身に付けてしまっていますWWWW。
だって、書けないんですから。

おまけに僻地だから客もあまり来ないし・・・・。
もうただのコメ屋のほうが良かったと思います。

毎日更新している「ブログ上位の人達はやはり凄いんだなぁ」と
痛感しています。

まぁ、後もう少しは頑張ってみるつもりです。

2009/03/25(水) 09:46:42| URL| OOIDOYA #LkZag.iM [編集]
--------------------------------------------------------------------
釜山の祖母の話
友人(釜山)の祖母の話は、
日本人が統治する前の朝鮮と統治後の朝鮮の有様を真実として
確信を持って捉えることが出来た、
私にとって本当に貴重な体験でありました。

祖母の話は約30分ほどあって、
20分ほどが若い頃の回顧録でした、
もっと詳しいことも語ってくれたのですが、

かなり長くなるので要約して書き込みいたしましたが、
少しまた補足いたします。
詳細は機会があればまたご紹介したいと思います。

祖母が一番言いたかったのは、
幼少時代(日本統治前)は朝鮮の両班たちに散々苦しめられ、
生きる希望さえも奪われていたにもかかわらず、

そのような制度を改革しようとする気概もなく、
むしろそのような両班になりたがる人々に諦めと絶望が
渦巻いていたといいます。

そこへ突然日本が朝鮮を統治支配してきました、
何も知らない地方の庶民は最初は町の噂で
「日本人が侵略してきて皆殺しにされるな」どという流言飛語で
恐怖と不安でいっぱいだったそうです。
 
ところが、実際大勢やってきた日本人たちは、
すぐに家を作り町を作り商業を始め、道路や港や水道や電気などの
設備を整備し、それを自分たちだけが独占することなく、
朝鮮人たちにも別け隔てなく与えてくれました。
 
そして極めつけは学校を建てて教育を施してくれたことでした。
これが祖母にとっては一番うれしかったことだと言っておりました。

毎日学校に行くのがうれしくて楽しくて、
そこには日本人も朝鮮人も一緒に机を並べて勉強をしたそうです。

学校は貧乏人もお金持ちも、身分にも関係なく通うことが
出来ました、
これも信じられないことだと驚いたそうです。

それまでは字が読めなかったのでこのとき初めてハングルを
学校で習ったそうです。

当然最初は言葉も通じなかったので、どうしても日本人グループと
朝鮮人のグループが出来たのですが、
そこは子供同士言葉は通じなくてもすぐに打ち解けて
一緒に遊んだりするようになりました。

その時に最初に仲良くなったのが、前に書いた東京からきた
女の子でした、
その子に東京のことをいろいろと聞いて東京に憧れたそうです。

それからは釜山の町は日本との物資の物流の拠点として
目覚しく発展し、
祖母の父は釜山の港湾に従事していましたので
生活はとても豊かになりました、

また北部の農村部に住んでいた人たちの暮らしも米の生産が
大幅に増えて豊かになり、幸せな日々を送ることが出来るように
なりました。

今まで絶望と堕胎の淵にいた人々が、
日本人の黙々と働く姿をみてそしてその結果次々と変わってゆく

町や村や生活を目の当たりにして、自分たちも日本人と同じように
手本としてやれば、豊かさを手に入れることが出来るんだと
誰もが思い夢と希望が持てるようになったそうです。

政治や経済のことには疎い祖母なので自分の子供たちの頃から、
子供や孫の話などを聞いたりTVや新聞を見たりして、
なんとなく国の様子が今までと違うなと感じるようになっては
いたのですが、

何時からこのような国になったしまったのか
本当に嘆かわしいことですと仰いました。

もうこのような当時を体験された高齢の方は、
韓国内にもそんなに多くは居られないと思います、

私は日本人として本当に貴重なお話を聞くことが出来た者の
一人として少しでも多くの方に伝えるべきかなと思いましたので
コメントでは有りますが書き込みさせていただきました。

この内容は韓国語を日本語に解釈しておりますので、
多少演出的な表現もありますが、
完全なノンフィクションであることを表明致します。

>ソロ様

私も日本の統治政策は間違っていなかったと、
祖母の話を聞いて確信いたしました。
しかし残念ながら、せっかく日本によって目覚めかけてた
朝鮮人をまた元に戻したのも自分たち朝鮮人だったとは
皮肉なことですね。
仰るとおり少なくとも日本統治が後20年続いていたら、
朝鮮人も日本化していたかもしれませんね。

日本に来ている韓国人ホステスの出稼ぎお姉ちゃんたちは、
在日朝鮮人と、同胞が一番信用できないと言っております。

実際に新参者は良くだまされて被害にあっているようです。
では誰を信用するのか、日本人だそうです、
自分たちは日本人をだますくせに日本人の方が信用できると
言っていました。
理由は嘘をつかない、約束はきちんと守ってくれる、
だそうです。

 >OOIDOYA様

良いコメントをコピペで広く紹介するのも一つの方法ですので、
何も卑下することはありません。
そのようなブログも実際にありますが、
ただ全てがコピペのみで貴方の考えや意見、がなければ読者に
足を止めさせることは難しいと思います。
コメントを書くことはかなり多いとお見受けしますので、
最初はコピペに対してでも貴方なりの感想や意見、体験などを
加えて行かれたらよろしいのではと思います。

その合間に日ごろ溜め込んだ事をエントリーすればよいのでは
と思います、
ブログも立ち上げていないで偉そうな事言ってすみません。

2009/03/25(水) 12:17:35| URL| 大豪院邪鬼 #kJbu2nf2 [編集]
--------------------------------------------------------------------
追加です
釜山の祖母のお話で締め括り書き忘れたことが有りましたので、
連続コメントいたします。

このお話は口火を切ったのは祖母のほうからで、
祖母の話の合間合間にこちらから当時の様子を具体的に、
質問する形で行いました。

この祖母が孫の友人で、いくら何十年ぶりに日本人に接して
懐かしさのあまりとはいえ、
何ゆえ初対面のしかも日本人に対して
日ごろ口にも出せないようなことを30分にも亘って語ったか、
そのことを祖母に訊ねることは大変失礼になると思い
確認しませんでした。
 
これはあくまでも私の推測ですが・・・・
この祖母もいくら高齢とはいえ、
国も国民もおかしな事になっていることを感じていたようです。

現在の韓国を憂い真実を知る者として、
現在の韓国の反日は真実の上に成り立つものではないこと、
そし本当の日本を知る者として、国を愛するがゆえに、
余命いくばくもない中で今の若い日本人に誤解を与えないよう
事実を伝えたかったのではないでしょうか。
このような方が真の愛国者だと思います。
 
現在の韓国人は嘘と妄言と虚勢と威勢ばかりの教育に犯された
愚民に戻っているので真の愛国者と呼べる人たちは
いなくなりつつあります。

日本でも政治、経済、教育、マスコミとかなり朝鮮化が
進んでいますが、日本人は朝鮮人のように己を見失うような
愚かな民族ではありません。
多くの日本国民が嘗ての日本人の心を取り戻す機運は
既に進行していると信じております。

2009/03/25(水) 13:54:14| URL| 大豪院邪鬼 #kJbu2nf2 [編集]
---- ここまで ----
お疲れ様でした。
私は、この話読んで何回も泣きました。
いろんな箇所で立場・歴史背景・要素・見方を考えると
泣けてくるのです。

あなたは、いかがだったでしょうか?

ほんとうの歴史教育・真実・・とても大切なことだと
身にしみて感じます。

ここまで読んでいただき、ほんとうにありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ギャンブル

copyright © 2005 コンピの波に乗りそして網を張れ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。